トップ > 脱毛に関する情報 > 光脱毛が安いのに効果的な理由

光脱毛が安いのに効果的な理由

脱毛サロンやエステサロンで行っている脱毛方法には幾つかの種類がありますが、現在最も人気が高いのは光脱毛という脱毛法です。 光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれています。 今回はその光脱毛について詳しく説明したいと思います。

今のように光脱毛が主流となる前は主に電気脱毛が行われていました。電気脱毛というのは毛穴に電流を流して、1本ずつ脱毛していくので非常に時間がかかり、そのため料金も高額になります。それに対して光脱毛は光を照射することで一度に広い範囲を処理できるため、料金も安く抑えることができるのです。この料金の安さが光脱毛の人気理由の1つでもあります。

光脱毛では強い光をムダ毛に照射し、その熱エネルギーで毛根に影響を与えて脱毛します。 この方法ですと、カミソリなどを使ったムダ毛の自己処理に比べて、肌への負担が少なく、根こそぎ脱毛することができます。 肌へのダメージが少ないということは、脱毛後のお肌も非常に綺麗に保たれます。 カミソリでお手入れすると肌の表面に出ている毛を剃っているだけなので、すぐにムダ毛が伸びてきます。 光脱毛では毛根に影響を与えるので、何度か繰り返しているうちに毛が生えなくなります。

光脱毛で肌がツルツルになるまでにするには何度か施術を受ける必要があります。光が黒い毛に反応して熱エネルギーに変わるので、毛の生えていない毛根に対しては効果がないからです。人の毛は全ての毛根から生えているのではなく、休止期といって毛の生えていない状態の毛根があります。時間が経過すると休止期の毛根は成長期になり毛が生えてきます。このときに次の施術をすると効果が得られるようになります。このような毛根の生え変わるサイクルを毛周期と言います。毛周期は成長初期、成長期、退行期、休止期を繰り返しています。全ての毛根を処理するには6~12回程度の施術が必要です。毛周期は個人差があり、また脱毛効果の出方にも個人差があるため必要な回数も人それぞれに違いがあるのです。

光脱毛はまだ新しい方法で長い時間を経ていないため、今のところその永久性が実証されていません。ですから光脱毛は永久脱毛とは言えません。とはいっても、光脱毛をしたあとでまだ毛が生えてくると言うものではなく、毛母細胞が死滅すればその部分からは再度毛が生えてくるということは少ないでしょう。

脱毛についてよくある心配事ととして脱毛時の痛みがあります。以前主流だった電気脱毛は強い痛みのある脱毛法でした。それに比べて光脱毛はかなり痛みの少ない脱毛法になります。各サロンのホームページを見るとよく書かれているのですが、せいぜい輪ゴムでパチンと弾く程度の痛みです。さらに使用する脱毛機が進化するにつれて、ほとんど痛みのない光脱毛もあります。光脱毛にも細かい種類があります。例えば、IPL脱毛やS.S.C.脱毛といった光脱毛の種類があります。IPL脱毛やS.S.C.脱毛は痛みも少なく効果も高いと言われています。

先程も述べましたが光脱毛は広い面積を短時間で処理できるという特徴があります。両ワキの脱毛ですと5分程度で終わってしまうサロンもあります。使用する脱毛機によって必要な時間も変わってきますが、早いものですと全身の脱毛でも約60分ほどで処理できます。このように短時間でお手入れできるため、1日に多くの人が脱毛できるようになり料金が安くなってきました。それだけでなく予約も取りやすくなっています。

脱毛サロンやエステサロンで行っている脱毛方法には幾つかの種類がありますが、現在最も人気が高いのは光脱毛という脱毛法です。 光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれてい