トップ > 脱毛に関する情報 > いろいろある脱毛方法の種類と特徴

いろいろある脱毛方法の種類と特徴

以前は脱毛というと家庭用脱毛器などでお手入れするという方が多かったですが、近年では脱毛というとエステ(脱毛サロン)やクリニックでの脱毛が一般的になっています。 エステやクリニックで行っている脱毛にはいろいろな方法があります。 主なものでは光脱毛、レーザー脱毛、電気脱毛、ワックス脱毛などがあります。

なぜエステやクリニックでの脱毛が一般的になってきたかというと以前と比べて料金が安くなってきたからです。 光脱毛やレーザー脱毛は短時間で施術ができるので、料金も安くすることが可能になりました。 昔は電気脱毛が主流でしたが、電気脱毛はムダ毛を一本ずつ処理していくので、料金が高くなってしまうのです。

電気脱毛とはどんなものでしょうか? この脱毛法は、美容電気脱毛やニードル脱毛とも呼ばれます。 電気脱毛というのは、毛根に対して電流を流すことで脱毛する方法です。 ムダ毛を一本ずつ確実に処理することができ、施術を行った部分はその日のうちにムダ毛がなくなります。 脱毛効果は非常に高く、ムダ毛が再生されることも少ないという特徴があります。 しかし、電気を流すときに痛みがあります。人によっては強い痛みを感じることもあります。 一本ずつ処理するので時間がかかり、その分だけ料金も高額になります。 現在では電気脱毛を行っているエステは少なくなっています。 大手のエステティックTBCでは光脱毛と美容電気脱毛の両方を提供しています。

電気脱毛に変わって、現在エステで主流になっているのが光脱毛です。 ちなみに脱毛エステといったり脱毛サロンといったりしますが、どう違うのでしょうか? 脱毛を専門に行っているのが脱毛サロンで、脱毛以外も行っているのが脱毛エステと分けている場合もありますが、一般的には区別していない人が多いようです。当サイトでもエステとサロンは同じ意味で使っています。

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれる方法です。 光のエネルギーを利用して毛根の細胞を変性させることで脱毛をします。 使用する脱毛機の違いによりIPL脱毛やS.S.C.脱毛などの種類があります。 一度に広範囲に施術ができるため短時間で処理が可能になり、そのおかげで料金もかなり安く提供されています。 脱毛時の痛みも少なく、輪ゴムでパチンと弾く程度の痛みと表現されています。 光脱毛の種類によっては、ほどんど痛みのない場合もあるので、痛くないのが良い方はそのような脱毛を行っているサロンを選ぶと良いです。 肌へのダメージが少ないため肌トラブルなども少なく、脱毛後の仕上がりもきれいになります。

レーザー脱毛は光脱毛と似たような施術になります。 光脱毛よりも強い光を使って施術を行うので、光脱毛よりも効果が出るまでの時間が早いです。 強い光を使うので肌トラブルの危険性があるため医師免許のある人しか施術を行なえません。 そのため、レーザー脱毛は医療機関でしか受けることがでません。 レーザー脱毛は強い光を使うので効果が高いですが、その分だけ痛みもかなり強くなっています。 痛みが我慢できないという人のために麻酔をしてから脱毛処理をするクリニックもあります。 痛いのが苦手な人は、麻酔を使っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

ワックス脱毛というのは、ムダ毛にワックスを塗って毛を引き抜く方法です。 引っ張って抜いているだけなので脱毛効果は一時的なものとなり、再びムダ毛が生えてきます。 引き剥がすときに肌に負担がかかるので、肌が弱い人には向いていません。

以前は脱毛というと家庭用脱毛器などでお手入れするという方が多かったですが、近年では脱毛というとエステ(脱毛サロン)やクリニックでの脱毛が一般的になっています。