トップ > 目的別で選ぶ > 生理中の脱毛 > 施術日が生理日とかぶった!生理中の施術は可能なの?

施術日が生理日とかぶった!生理中の施術は可能なの?

脱毛は、毛が生えてこなくなるまでは、最低でも6回程度施術を繰り返す必要があります。 脱毛は、基本的に毛周期を空けて次の施術を受けることになるので、期間としては、通常1年半~2年程度かかります。長い施術期間中は、生理とうまく付き合っていく必要があります。

生理周期が安定している人は、生理時期とかぶらないようにうまく施術の予約を入れやすいと思いますが、生理不順の方で急に生理になりがちな人は、施術の予約を入れた日が生理日とかぶってしまう事態に陥る可能性が高いです。

当然ですが、施術の予約日に生理になってしまうと、VIOラインなどのデリケートゾーンの脱毛は施術できません。 特に、生理になってしまって、急に施術の予約をキャンセルすると、脱毛サロンによっては生理が理由でもキャンセル料金や1回施術分消化などのペナルティーが科すところもあるので注意が必要です。

生理中のデリケートゾーン以外の脱毛が可能でも注意が必要

生理中のデリケートゾーン以外の部位の脱毛は、施術可能な脱毛サロンと施術不可の脱毛サロンに分かれます。 急なキャンセルでペナルティーを科す場合、1回分施術を受けず料金を損するなら、生理中でもデリケートゾーン以外の部位の施術を受けられるサロンの方がいいのでは?と思いますよね。

たしかに料金面を考えると、施術を受けないともったいない気がしますが、生理中の肌の状態を考えると、施術を受けるのは避けた方が望ましいです。

その理由は、生理中の肌の状態にあります。 生理中は女性ホルモンバランスが乱れており、普段の肌状態とは異なり、少しの刺激や肌へのダメージでも肌荒れがしやすい状態にあります。

このような敏感な生理中の肌で施術を受けるのは、肌の状態を考えると必ずしも良いとは限りません。 基本的には生理中の脱毛はしないようにするのが良いです。

生理中の脱毛は避けたいけど、急なキャンセルでキャンセル料金や施術1回消化などのペナルティーは科せられたくない!という方は、生理による急なキャンセルに対して、厳しく対応しない脱毛サロンを選択するのがおすすめです。

脱毛は、毛が生えてこなくなるまでは、最低でも6回程度施術を繰り返す必要があります。 脱毛は、基本的に毛周期を空けて次の施術を受けることになるので、期間としては